けやきのすくすくブログ
読むだけで元気になるブログを目指しています。

風邪の初期対応に常備したい漢方

 風邪は、ひき始めの正しい対応が大切です。対応が早ければ初期症状のうちに良くなることが多いです。その一方で対処が遅かったり、睡眠がとれていなかったりすると、風邪を長引かせたり、新たな別の症状を招いたりします。
初期症状は主に、寒気、咽喉の痛み、鼻水が出ることのいずれかです。複数の症状がいっぺんに現れることもあります。

 寒気があり、風邪かなと感じたら、30分以内に葛根湯を飲みます。
葛根湯を(1回量の目安として)1包を、寒気がとれるまで1日3回、3時間毎に飲みます。風治散50-100mlの白湯(熱湯でも良い)に溶き、体温と同じ位かそれよりも少し温かいうちに飲むほうが効果的です。数回飲んでいるうちに寒気を感じなくなります。寒気を感じなくなったら、葛根湯の服用を止めても大丈夫です。

 中には寒気がないのに、風邪の症状で、葛根湯を1週間以上飲み続けているお客様がいらっしゃいます。この場合、葛根湯の証ではなくなっています。また、寒気がないのに、風邪をひいて3日以内だからと、葛根湯をのむ方もいます。寒気の症状がなければ、別の証になっています。ともに、服用しても風邪を治すのに効果が現れません。

 また、麻黄湯と葛根湯との違いをお客様に聞かれることが時々あります。葛根湯にも麻黄湯と共通する生薬 麻黄、桂皮が含まれています。厳密にいうと麻黄湯では、寒気の他、体に熱がこもり、汗の出ていない症状が現れている場合に用います。使用範囲は葛根湯と比べるときわめて狭いです。自分や家族の病状を正確に把握できる人が、麻黄湯を常備するのに向いているといえます。

 けやき堂薬局では、葛根湯の処方を風治散(ふうじさん:和漢薬研究所)という商品名で販売しています。

 風治散の製法として、低温の湯で、圧力をかけじっくりと有効成分を引き出して作られています。有効成分以外に、賦形剤としてデンプンのみ入っています。白湯に溶けやすく、風治散の粉末をなめただけでも、お口の中ですっと溶けることが特徴です。

私の経験ですが、新薬(西洋薬)の風邪薬の服用時と比べて、風治散で胃もたれが起こりにくいです。

滋養強壮の目的で、体力を底上げしたい方、風邪の進行を防止したい方は、風治散に併せて、紫華栄(しかろん:和漢薬研究所)を併用して飲みます。服用をすると、尿が気持ちよく出て出て、すっきりします。

 常備薬として、風治散、紫華栄を少なくとも3日分お手持ちになっていると、初期の段階から夜間や休日、忙しくて外出できない時にも、家族じゅうですぐ飲むことができるので重宝します。

 風邪のひき始めに常備しておきたいお薬についての相談は、ご来店の際に、けやき堂薬局までお尋ねください。また、じっくり相談を希望される場合は、お手数ですが、電話で日時をご予約下さい。

2020年11月7日

秋から冬に向かう今、季節の変わり目の 過ごし方・養生法

 秋が深まってくると、秋から冬へ向かうときの「寒暖差」による気温差が日ごと、一日の中で現れてきます。

 寒暖差(気温差)による体の不調は、気圧変動とならんで気象病の一つです。気温差により体の冷えや疲れを感じやすくなってきます。この寒暖差から身を守るためには、「体を冷やさないこと」、「保温すること」に尽きます。

さらに予防するためには、「体を穏やかに温める食材を食べること(涼しくなってきたので、食欲が進み過ぎて胃腸をこわさないよう要注意)」、「自律神経を整えること」です。

 治療法は、「一年を通して冷え症対策を行うことが効果的」であることが書籍 「最高のパフォーマンスを引き出す自律神経の整え方」に書かれています。これは寒暖差疲労外来を担当する 久手堅司(くでけん・つかさ)医師が自らのクリニックに通う患者さんを診察して得られた知見や経験をまとめた書籍です。また、筋肉量の少ない女性に寒暖差疲労を起こしやすいと述べられています。

 日常での工夫として服装の調節やひざ掛けなどの活用、また空調の管理などで出来るだけ身体に寒暖差を感じさせない対策をとります。

 寒暖差によって乱れた自律神経を整えるには、規則正しい生活や適度な運動が基本です。
さらに、ストレスを受けやすい現代社会では、交感神経(緊張を高める)が優位になりがちです。副交感神経(リラックスに働く)を優位にさせることで、バランスを整えることができます。ヒトを含む恒温動物の場合、自律神経により体温調節されます。

自律神経が原因で、体温調節が行われない場合、自律神経を整えると、暑さや寒さの外気温に対応して、体の体温調節が適切に行われるようになると私(岡北)は考えます。

〇おすすめ食材 体を穏やかに温め、胃腸をいたわる食材を食べる
もち米、黒米などの穀類、かぼちゃ、さつまいも、くり、たまねぎ、さけ、さば、さんま

〇 腹式呼吸 緊張をほぐし副交感神経の働きを良くすることで、自律神経を整える
腹式呼吸をする場合、吸うことよりも吐くことのほうを重視します。
1. おなかから息を吐くつもりで7秒間かけてゆっくりと、口から息を吐きます。おなかをへこませながら吐くとよいです。
2. 次におなかに空気を吸い込むつもりで5秒間、鼻から息を吸います。おなかを膨らませながら吸うのがよいです。
この呼吸を1回に3-5分間行います。吐くときはできるだけ細く、長く吐くようにすることがポイントです。

〇 目元を温める 緊張をほぐし副交感神経の働きを良くすることで、自律神経を整える
 水で濡らしてタオルを絞り、電子レンジで温めて、人肌より少し熱い40℃くらいの蒸しタオルをつくります。次に10分間まぶたの上にのせます。このように目元を温めることで、副交感神経が関連している動眼神経(目の周りにある筋肉)を刺激することができ、リラックスに繋がります。

漢方薬で体つくりや予防にお役に立てることがたくさんあります。
健康相談を希望される方は、必ず事前に電話にてご予約下さい。ご来店又は、電話で健康相談を承っています。

参考書籍、資料
脳科学辞典サイト 体温調節の神経回路
最高のパフォーマンスを引き出す自律神経の整え方 久手堅司(著)
きょうの健康 2016.10
石原結實の絶対健康法 石原結實(著)
日職災医誌,62:8─16,2014 花王株式会社パーソナルヘルスケア研究所

2020年10月8日

手荒れ・デリケート肌の方の手洗いに 固形石鹸を

 店頭でのカウンセリングの際に、アトピー性皮膚炎など、皮膚のデリケートな方からは、“現在は顔・手足の皮膚症状が落ち着いた状態であるが、手荒れがひどくひび割れや水泡が出ていて痛み・かゆみがあるという話を聞きます。これはアルコール消毒の影響かと思います。アルコールで
手指の消毒をすると、病原微生物の除菌に有効性・即効性のある一方で、皮脂を溶かす作用も早くて強いので、(アルコール消毒を繰り返すうちに)手荒れします。消毒・手洗い後や就寝前に、ハンドクリームを塗って、皮脂を補うようにしたいです。

 ところで石鹸で手洗い後は、アルコール消毒をする必要はありません(厚生労働省ホームページ・新型コロナウイルスの消毒・除菌方法についてより)。液体石鹸と固形石鹸のどちらが皮膚に優しいかといえば、固形石鹸の方です。固形石鹸で手洗いする方が、皮膚に優しく、手荒れをしにくいです。一般的に言えば、必要以上に石鹸の洗浄成分である界面活性剤を必要以上に使い過ぎないからだといわれています。また固形石鹸では界面活性剤が凝集しているので、洗浄力でも優れているとされています。

 新型コロナウイルスや、インフルエンザウイルスの粒子にはエンベロープという薄い外膜を持っています。石鹸中の界面活性成分(固形石鹸の場合は、石ケン素地)でエンベロープの膜(脂質二重膜)が溶けて、細胞が破壊されます。今、不特定多数の人が使用する手洗い場では、(衛生上の理由だと思いますが)液体石鹸を備え付けていることころが大多数です。

 手荒れしやすい方、デリケートな肌は、固形石鹸を利用されることをお勧めします。私(岡北)自身も職業上、頻繁に手を洗うので手荒れしやすいです。自宅では固形石鹸を愛用しています。

2020年9月8日

秋の疲れを防いで、季節の変わり目をうまく乗り越えるには

 9月に入ったといっても、まだ夏の名残がのこり、残暑で高温多湿な日が続いています。 

 お彼岸くらいまでは、秋の疲れ(秋バテ)を予防するため、質の良い睡眠をとること、水・冷たい食べ物の摂り過ぎを控えることを心がけ、食事では体の“湿”(体の中の余分な水分)を取り除く食事(小豆、枝豆などの豆類、とうもろこし、冬瓜、キャベツなど)を取り入れるようにしましょう(※)。

薬膳では冬瓜は寒性(体を冷やす作用)です。体を温める作用をもつ生姜やネギを入れることで香りが良くなるうえに、寒性⇒平性に近づきますのでバランスが良くなります。

 “湿”は雨の日や台風前など低気圧が近づいてくる時に体に影響します。めまいをはじめ、全身のだるさ、耳鳴り、痰、神経痛などの症状が現れてきます。体に湿をためる生活をしていないか点検し、もし守れていないようなら早いうちに軌道修正をすることをお勧めします。(※)の段落の内容をチェックしてみてください。

 安定した気候のうちに体を整えておくと、もうじきに訪れる冬へ向かう頃の秋雨、寒暖差を乗り切れて、元気に過ごしてゆくことが出来ますよ。
 


参考書籍
薬膳・漢方 喩静 (監修)
その痛みやモヤモヤは「気象病」が原因だった 渡邊章範 (著)

2020年9月5日

夏から始める 感染症対策

 風邪のシーズンといえば、晩秋から春にかけてですが、風邪の流行の比較的少ない夏から感染症対策を本格的に取り組むことが、基礎体力を作っておくという観点で望ましいです。

 普段の生活から体調が整っていると、病原微生物が体の中に入ってこないように免疫が働きます。また体の中に仮に病原微生物が入ってきたとしても、自己の免疫で跳ね返す力がつきます。そして、体の調子が整っていると、心の持ち方に、余裕が持てるようになることから、不安感を強く持ちすぎたり、マイナス思考に陥ったりして抜け出すことが出来ない、ということがなくなります。

 体の調子を整えて自律神経を安定させるための過ごし方は、当たり前に思われるかもしれませんが、まず規則正しい生活を送ることが前提です。特に夜更かしや、バランスの悪い食事に偏らないように、一日一日を過ごしてください。

 高齢の方の場合は、年齢を重ねるうち睡眠時に分泌されるホルモン(メラトニン)の量が減ることが示されています。
NHKきょうの健康2017年3月号によると、実際に眠れる時間は年齢を重ねるごとに短くなると書かれています。

働き盛りの時と比べて寝つきが悪くなったり、睡眠が浅く夜間に何度か目が覚めるようなことがあったりしても、昼間に強い眠気が起こらず、家事等に支障のない程度であれば心配ありません。昼寝は20分位ならいいでしょう。

 一方で、働き盛りの方や若い方(10代も含む)で眠れないという人がいます。夕食30分以降に湯船に浸かる(寝る前に入浴をするのなら熱くないお湯がいいです。熱すぎると目がさえてしまい寝つきが悪くなる場合があるため)、又は足湯をすること。
そして入浴後にスマートフォンやパソコンを見ていないか(見ていないことが大切)を点検ください。これらの生活習慣を2週間改めるだけで半数以上の人は睡眠の質が改善します(これまでのお客様対応の経験から)。実践しても変化のない場合は、ご予約の上で相談ください。

参考書籍
NHKきょうの健康2017年3月号
NHKきょうの健康2018年3月号
石原結實の絶対健康法 石原結實 (著)

2020年8月27日

体の湿気を取り除いて 体調を整える

今年の7月は、雨降りが続きました。梅雨明け宣言はまだ出されていません。

体がだるくてやる気が出ない、という方がいらっしゃったら、体に「湿(余分な水分)」を蓄えているからかもしれません。「湿」を体に取り込むと体の重だるくなって身動きするのがおっくうになったり、体が腫れぼったくなったりします。

梅雨と梅雨明け後の夏は、一年の中でも、体に「湿」を取り込みやすい時期です。

梅雨の時期に、体調を整えるための過ごし方、お勧めの食べ物をご紹介します。
お勧めの過ごし方を聞くと当たり前のように感じるかもしれません。しかし実際にお客様と健康相談していると、見落とされていたり、わかっているようでも継続が難しかったりするようです。

まず、水の摂り過ぎに注意をしましょう。水の摂り過ぎ、摂らなさすぎ、どちらの場合も体の不調を招きます。過剰に水を摂り過ぎると、「湿」を溜めやすくなります。こまめなちびちび飲みをお勧めします。

また、「湿」は「脾・胃(胃腸)」に影響しやすく、消化吸収機能を低下させ、食欲不振や消化不良、下痢などを起こしやすくなります。食べ物からうまく栄養を吸収できないでいると、その結果気力も体力も低下してしまいます。

梅雨が明けると、いよいよ夏本番です。
暑いからといって、冷たいものの摂り過ぎは、「陽気(エネルギー)」を消耗させ、「心(心臓の拍動による循環)」「脾(胃の働き)」を傷めます。冷たいもの(食べ物・飲み物)は控えめにしましょう。実際のところ、ビール好きな方に「ビールを冷やして飲むと、のど越しがよい、やめられない」といわれます。摂り過ぎには充分気を付けていただきたいところです。

以上、お勧めの過ごし方としては、
水の摂り方に気をつけて「湿」を溜めないようにすること、冷たいものの摂取を摂り過ぎないようにすること(控えること)を心がけましょう。そのうえで、胃腸機能を整える食材を積極的に摂りたいですね。

〇おすすめの食材
「湿」を取り除き、胃腸機能を整える食材
小豆、枝豆、サヤインゲン、ハトムギ、冬瓜、ニンニク、ハモ など

〇おすすめの漢方薬
藿香正気散(かっこうしょうきさん)

胃腸の湿を取り除きます。夏バテによる食欲不振、下痢(食あたりにもよいです)、胃腸型の風邪等に使います。妊婦さんも安全に飲むことのできるお薬です。

参考図書
きょうの健康 2016.7、小太郎漢方製薬ホームページ、中医学入門 神戸中医学研究会(編著)

2020年7月18日

ダイエットに 必要な、生活習慣

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、5月末まで外出の自粛がありました。
 その間、けやき堂薬局では、主に電話カウンセリングの取り組みを行いました。

 最近は、お客様とのカウンセリングの際に、「(特に4月-5月末までの2か月間)在宅中心の仕事をしたり、屋外で済ませる用事を控えたりして、体重が増えました。元の体重に戻したいです。」という声がたびたび聞かれます。

 在宅でのお仕事の場合は、これまで通勤で移動をすることが運動になっていたのに、仕事の日は自宅からほとんど出ずに、パソコンの前でいすに長時間腰をかけていることで運動不足になるケースが多くみられます。

従来の通勤に費やしていた時間を、ウオーキングや体操、ストレッチ運動にあてると、運動不足や筋力低下を補うことが出来ることが分かっていても、ひとりで運動を継続していくことはなかなか一筋縄ではいかないようです。
また自宅で過ごす時間が延びることで「人目を気にしないで間食出来るので、つい食べてしまう。」と正直にお話をして下さる方もいます。

 そのようにお客様から相談を受けた時にまず私がお答えすることは、「お腹のすいた時に買い物に出かけないようにして下さい(おやつをつい買ってしまう可能性が高いので)。そして昼3時を過ぎたら、夕食までの間に間食を摂らないように守ってください。やせるためには以上のことを最低限取り組みましょう。」ということです。

 少し前のことになりますが、大手製薬メーカーが、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」という漢方処方をパッケージ化して、やせ薬としてテレビコマーシャルを通して売り出されていた頃がありました。一般の人が(ドラッグストアなどで)セルフで防風通聖散を購入、服用して体に合わない人(下痢や腹痛など)が出ていました。最近は防風通聖散をダイエット目的で飲んでいるという人の話は聞かれなくなっています。

 けやき堂薬局におけるダイエットカウンセリングは、体重を減らすことだけを目的とせず、健康ダイエットを中心とした取り組みにしています。漢方や、健康補助食品を飲んでいただくことはもとより、痩せる生活習慣を身に着け、減量後は体重を維持できるように、アドバイスをしています。その結果、お客様に健康に痩せていただいています。

2020年7月6日

今から始める、夏の疲れ(いわゆる、夏ばて)予防のポイント

 梅雨明けが待たれる今日この頃です。夏の疲れ(いわゆる夏バテ)の予防、対策を意識して過ごしましょう。

夏の疲れ対策のポイントは、大きく分けて3つあります。
① 充分な睡眠(翌日に前日までの疲れを持ち越さないこと、日中に眠気を起こさない程度の睡眠をとること)
② 冷たいものを摂り過ぎて胃腸を冷やさないようにすること
③ 摂取した水分を体にためこまず、排出させること   です。

また、中国医学では「冬に重くなりやすい病気は夏の間に治療するとよい」といわれ、特に冷え症、慢性気管支炎、ぜんそくのある人は体を冷やさず夏の養生(生活・食事)をしっかりするといいです(きょうの健康 2016.6月号 横浜薬科大学 漢方薬学科教授 喩静 監修より)。

私のカウンセリングの経験から、冷えを改善したお客様は、風邪をひきにくくなったり、秋冬に気持ちの落ち込みが少なくなったり、日中の活動量が増えたりしています。お客様のお話を伺っていると、不快な症状がある場合、本人に自覚はなくとも体の冷えがみられるケースは7割くらいです。

 ご来店または電話によるカウンセリングのどちらか希望を伺って予約を承っています。感染予防に充分留意し、必要に応じて、脈波・コロトコフ音記録計や体組成チェックを再開しています。希望される方は、電話で気軽に事前にお申し込みください。カウンセリング時間は15-30分です。

冬を元気に過ごす食事・生活(冬の養生)3つのポイント

 冬の養生の具体的な内容は、何度か当ブログ内で取り上げています。小太郎漢方製薬のホームページにも体系的に書かれていますので、まとめて確認したい方は、“小太郎漢方製薬 ホーム/漢方情報/季節の漢方”の順でご覧ください。

 今回は、私が、お客様とのカウンセリングを通して事実を伺い知ったこと、当たり前に聞こえるけれど、冬に元気に過ごすためには私が大切だと思っていること、しかしお客様が継続的に実践しにくい、とよくおっしゃっていることを取り上げます。
冬の養生がいくつかあるうち、次の3つのポイントに集約します。

(1)温性の食べ物、飲み物を摂ること。
お酒の好きな人の、ビール・またはそれに近い飲み物(ビール好きな方は常温でなく、一旦は冷蔵庫に冷やしてから飲むそうです)、甘党の方のアイスクリームは特に×。温かいお茶の中でも、緑茶よりも、ほうじ茶や、ウーロン茶、紅茶をお勧めします。免疫を維持するためと、体の排泄物の解毒力を充分に保つために必要です。

(2)夜は早く寝る。
中国医学では、“早臥晩起 必待日光”という言葉があります(漢方医学の古典 黄帝内経(こうていだいけい)より)。免疫を維持するために夜更かしはしない。目をつぶってお布団の中に入るだけでもOKです。そして朝起きたら太陽の光を一度は浴びるようにして、朝食を摂ることをお勧めします。腸に食べ物が届くことで腸→脳を通じて全身に朝になった、という活動のスイッチが入ります。その結果、体のリズムが整います。

(3)腎臓と肝臓に良い生活を送る。
特に、お風呂はシャワーで済まさない。一人暮らしの単身世帯で、“当たり前そうだけど守ることが一番難しい”とよく言われる項目です。湯船に浸かるか、15分以上の足湯がお勧めです。これも、老廃物の排泄をスムーズにするためです。

                                              以上です

 漢方を通して、お客様の症状・体質改善のお手伝いをしていると、お客様個別に優先順位をつけて実践するようお話をしたり、時として遅くまでお勤めの場合や育児などでセルフケアに充分な時間がとれない場合には、ポイントをもっとしぼって伝えたりすることがあります。

お客様にとって、必要な漢方やポイントを知らないで過ごすよりも、知った上で知って過ごされた方が、選択肢が広がり、又無意識なうちに“気を付けよう”という気持ちになれると考えています。インターネットや週刊誌等の情報だけでは、ご自身にとって有益なのかどうかをまず見分ける必要があり、見分ける目を養うためには(どちらの業界でも共通するように)、一朝一夕で済まず、経験と時間を要します。

 私は、漢方を通してお客様の健康生活を後押しし、生活の質が良くなるようにお手伝いすることが生涯の仕事だと考えています。
薬局内ではスタッフと一緒に定期的な勉強会、情報交換会を行っています。

 健康相談がございましたら、カウンセリング希望のお声をかけてください(スペース等に限りがあるので、お手数をおかけますが慢性的な症状・子宝相談については、必ずご予約をお願い申し上げます)。

本文中(1)(2)(3)の参考
小太郎漢方製薬株式会社ホームページ
書籍 読体術 体質判別・養生編 仙頭正四郎 (著)
書籍 食養生読本 パン・ウエイ (著)

2020年2月6日

うがいの正しい方法

 うがいの正しい方法は、まず『グチュグチュ』と、口の中のほこりや、ごみを出す目的で強めにすすぎます。2回目は、のどの奥に届くように15秒程度うがいをします(いわゆる『ガラガラペッ』)。3回目も、2回目と同じ方法で『カラガラペッ』とうがいします(参考:武田薬品工業 ホームページ)。

 うがい液は消毒液を用いなくとも、水道水で十分です。2005年に京都大学の研究グループが、水道水でのうがいで、うがいをしない場合と比較すると、風邪の発症確率が40%低下した、と発表しています。一方、うがい用消毒液(ヨード液)でうがいをした場合は、うがいをしていない場合と比べて発症確率が12%低く、その上、統計学的に意味のある抑制効果にならなかったと伝えています。

うがい用消毒液は成分によっては、予防目的(ここでは風邪)で長期にわたり使用をすると、のどの粘膜を傷つけたり、体にもともと住んでいる常在菌を殺したりする可能性があります。
うがい用消毒薬を利用する場合は、のどが腫れている時に限定し、短期で使用することを私(岡北)はお勧めします。

2019年12月5日