けやきのすくすくブログ
読むだけで元気になるブログを目指しています。

むくみを解消する食材・生活習慣・漢方

 例年、夏から秋にかけて、“むくみを解消する食材や生活習慣、漢方について”質問を受けます。
まず、熱中症対策などで、日頃水をたくさん飲む方や、ビールその他炭酸飲料を飲む機会の多い方はむくみやすい傾向があります。

 店頭でのお客様へのカウンセリングの経験から、尿の色が無色透明で排尿回数が1日10回以上ある、またはお客様自身で、へその辺りを手のひらで触れてもらい、冷たい感覚があれば、まずお腹の冷えを考えます。

養生(手当て)法は、冷たい飲食物(例えば、冷たいビールやお茶、アイスクリーム、冷やしそうめん など)を摂ることを止めます。食事の際には、温かいスープ(味噌汁など)を他のおかずに併せて食べることがお勧めです。お風呂はシャワーでなく、湯船に浸かるようにしてください。お腹の冷えが慢性化してくると、食欲不振、倦怠感、下痢・軟便になることがあります。お勧めする漢方は、「カッコーサン(小太郎漢方製薬)」です。お腹が温まる結果、体に滞留している水の排出がスムーズになり、やる気(元気)も出てきます。

 
 また、塩分の多い食事を摂っても、体はむくみます。ご存知の方も多いでしょうが、基本的に、外食やインスタント食品(カップ麺など)等 味の濃い食事は、食塩(ナトリウム)を多く含んでいます。

ナトリウムは、体内に水を引き込む働きがあります。濃い味の食事を摂った後、咽喉(のど)がとてもよく渇きますね。水を飲んでも、やがてまた咽喉が渇いてもっと飲みたくなるのは、このナトリウムによる働きです。多く摂り過ぎたナトリウムの排泄のためには、カリウムの多い食材を多めにとると良いです。

カリウムの多い食材で、今、手軽に食べることが出来るものは、さつまいも、梨、ブドウです。その他、生の果物(バナナ、メロン、キウイフルーツなど)にもカリウムが豊富です。但し、サツマイモや果物は、糖質が高いものが多いので、食べ過ぎには要注意です(体重を増やしたくない人には、太ってしまうことに・・・)。

 けやき堂薬局では、お客様の症状や体質に合わせて個別にアドバイスさせて頂いています。カウンセリングをお受けになることをご希望の方は、お手数をおかけしますが、事前に電話で必ずご予約下さい(当日ご予約の場合でも、当方の空きがあれば、カウンセリングをお受けになることが可能なこともあります)。

2019年9月14日

お腹を温め 腸内環境を良くする、味噌

お腹を温め、腸内細菌を元気にするため、毎朝、味噌汁を食べるように、カウンセリングにみえたお客様へずっと以前から伝え続けています。

私(岡北)も自身と家族の健康生活に(忙しいことが続いたとしても)10年以上継続をして実践をしています。子供にも、離乳食の頃から毎朝味噌汁を食べさせています。味噌汁を食べることですぐに体質改善が出来るわけではありません。自身、職業柄人一倍に健康管理に気を使い、かつ毎朝味噌汁を欠かさず食べていても、無理が続くと風邪をひいたり、体に蕁麻疹(じんましん)が出てきたりします。そんなことはあっても、食べていなかった時と比べると、毎朝味噌汁を続けて食べるようになってから、体調の安定している期間が延びているように感じています。

お客様に食養生を提案するため、食べ物についていろいろ調べていくうちに『毎朝、味噌汁を毎朝食べるのが良い』との考えに至り、それが確信に変わったのは、数年前に、書籍「体質と食べ物」 秋月辰一郎 (著)を読んでからのことです。この書籍が出版されたのは、今から約40年前の1980年です。1冊わずか60ページですが、秋月氏の実践と経験、考察が濃厚に盛り込まれています。

秋月氏は、大正5年 長崎生まれで、自身の虚弱体質、姉と妹を病気で亡くしたことから臨床医となりました。患者さんへ現代医学を施す傍ら、健康になる食べ物について生涯研究をしています。昭和20年、長崎に投下された原爆の被爆者です。自らの病弱な体質は、毎朝揚げ豆腐とわかめのみそ汁を食べたことが良かったと書かれています。そして秋月氏とともに患者の救助にあたった従業員に、わかめの味噌汁で原爆症にならなかったと記されていました。

味噌の外国への輸出量が1980年頃~この40年で、16倍以上増えています。しかし、国内消費は1960年(今から約60年前)と比べると、国内消費は40%以上も減っているそうです。(NHK 2018.5.1 BSプレミアム放送 ブログ「味噌から発見!美容パワー」より引用)。

国内で、味噌の消費が減っているのは、パン食が増えている影響だと思います。「パンだと手軽に食べることが出来、食欲のない朝でも、のどに通る」と、けやき堂薬局へ初回カウンセリングにみえたお客様もよくおっしゃっています。パンと味噌汁の組み合わせは、普通に考えると変ですし、学校給食でもパンに合う牛乳(戦後の学校給食がパンと牛乳の組み合わせが基本だったことの名残)が出されていますね。

 時代背景が変わり、生活環境や様式が変化していても、味噌は健康生活を後押しのできる食材の一つです。ぜひ毎朝の食事に(たとえ、パン食であったとしても一緒に)味噌汁を摂っていただきたいです。

2019年8月10日

健康講演会のお知らせ(9月23日祝日 開催)

9月23日(月・祝日)に、恒例の健康講演会(第33回大阪むらさきクラブの集い)を行います。
けやき堂薬局が開業した翌年の2007年から、毎年1年に1回、大阪府内の漢方薬局薬店と共同で企画・運営をしています。昨年まで、大阪市京橋にある、太閤園でした。今回は、多くの方が気軽に参加ができるように、祝日の開催とし、場所を大阪 梅田駅直結の新阪急ホテルにしています。

先日、新しい会場の下見をしてきましたが、落ち着いた雰囲気のあるホールとなっています。

講演内容は、どなたでもすぐに実践の出来る健康法「笑いヨガ」です。継続でお越しになられているお客様はどなたも参加できます。ぜひ、お時間の都合のつく方は参加をされてください。参加費用は1000円です。詳しくは、当店窓口までお尋ねになられてください。

2019年7月16日

真夏~秋にかけての養生法(睡眠)

 真夏に近づいてきました。今は朝方や夜間に涼しい風が吹いていますが、日中になると汗ばむ陽気となっています。真夏~秋にかけて元気に過ごしてゆくためには、第一に、質の良い睡眠を十分にとることであると、私(岡北)は考えています。暑くて寝苦しいと、寝つきが普段以上に悪くなったり、夜間に目が覚めやすくなったりして睡眠が十分にとれなくなります。
私は漢方を専門にした仕事をしていますが、クーラーを使うことは悪いわけではなく、使うことで体を冷やして体調を崩すことが良くないと考えています。省エネのため扇風機、氷枕も活用します。ただしクーラーや扇風機の風を直接体にあてると、脱水症状を起こす人がいますので、注意します。

では、睡眠時に何度の室温だと、安眠できるのでしょうか?
まず、熱中症を予防するためであれば、室温が28℃、湿度は70%以下を保ちます(NHKきょうの健康2017.7、2018.7より)。
夏期の安眠には、睡眠時の室温が、28-29℃、湿度は60%を目安にするとよいそうです。また入眠後2時間でクーラーを切る時と比べると、起床時まで連続しているクーラーをかけている時の方が、十分な睡眠を得られるとする統計があります(名城大学理工学部 環境創造学科調べ 2004年)。

室温は同じでも、体感温度は異なります。温度や衣服の他、年齢などの個人差があります。また、冷たい空気は、下へ流れていきやすいという特徴があります。くつ下やズボンを着用して、足元を冷やさないように調節したいです。上記を参考にしてあなた様やご家族にとっての健康で快適に過ごせる温度、湿度を見つけてくださいね。

 けやき堂薬局では、夏の疲れ対策のため、寝る前にササイサン、紫華栄 各1包ずつを服用することをお勧めしています。飲み方によって、予防と改善どちらにも役立ちます。
他、ササイサン、紫華栄は旅行中~帰宅した時、神経が高ぶって眠れない時にも活用できます。1回分ずつ個別包装となっていて、携帯に便利です。1包ずつお求めになれます。少なくとも5包ずつ持っておくと安心です。

2019年6月13日

PM2.5などによる鼻炎・皮膚炎対策

当店のお客様の中には、PM2.5濃度の多い日には、鼻炎や皮膚炎の症状が強く出るという方が多くいらっしゃいます。

PM2.5濃度が高いと、アレルギー反応が現れやすくなることが報告されています(NHKそなえる防災 ホームページ2013.10.1)。
PM2.5の正体は、硫酸塩、有機物、重金属です。アレルギーによる炎症がPM2.5で強く現れる機構は、現在完全には解明されていません。

 PM2.5から健康被害を予防する一般的な方法は、マスクの着用、空気清浄機(HEPAフィルター付)、不要不急の外出を控える・激しい運動を控えることです。
私(岡北)の考えるPM2.5対策(予防と・アレルギーによる炎症改善)として、漢方で異物・老廃物を体外へ排泄できる体つくり、および皮膚や粘膜のバリア機能を高めることです。お客様には、漢方でアトピー性皮膚炎の症状改善や体質改善と同様の発想で日々対応しています。

2019年5月20日

けやき堂薬局での、漢方カウンセリングの特徴

子宝相談以外に、「更年期症状があり、漢方がいいと思って相談に来ました」とおっしゃるお客様も増えてきています。

現在では十数年前とは違い、すでに婦人科や耳鼻科など関連する病院・医院にいくつか受診し、診断されたうえで、来店されるケースがほとんどです。お客様はテレビの健康情報番組を見たり、インターネットの検索をしたりして、自身の病名や症状の情報を得て、効果の可能性のある漢方を調べていらっしゃることもあります。どのお客様も不調を改善するために真剣な気持ちで来られているため、私どもも漢方カウンセリング(健康相談)には、毎回緊張感をもって臨んでいます。

お客様に来店した動機を伺うと、「(専門家の)話をよく聞いて納得した上で自身の体に合う漢方を飲みたい」、「漢方だと効果が穏やかで副作用が少ないと思う」、「不調から解放されて健康になれそう」、「体質改善したい」という返事があります。漢方に対する思いや期待を持って来られているのがよく伝わってきます。
漢方にも西洋薬にも良さはそれぞれにあるので、「(お客様が)漢方に対して期待外れ・・・」ということがないように、それぞれの長所と短所を臨機応変に伝えるようにしています。

慢性的な症状や子宝を希望されてカウンセリングをお受けになる方や、当店でお求めの漢方を飲まれてのフォローに来られている方には、症状や体調の経過を伺い、舌の色や形状などのチェックや、専用機器を用いて前回の計測データと比べてチェックしています。

 ご来店にて漢方カウンセリングを希望される方がいらっしゃったら、お声をかけてください(お客様スペースや当店のスケジュールの都合上、事前に電話などにて必ず日時をご予約下さい。お手数をおかけします。)。

2019年4月9日

内覧会を行いました(2019.2/22、2/23)

 2月22日(金)及び、23日(土)に、内覧会を行いました。

 常連のお客様とそのご家族、初めての方と一緒にお越しくださった常連の方、ご新規の方、近隣店のお店の方など、いろいろな方が来店くださいました。寒い日にもかかわらずお越しくださったお客様へ心よりお礼を申し上げます。

けやき堂薬局ではお薬を調剤や製造するための機械(最新式の自動分包機・煎じ薬抽出機)、カウンセリングをより充実した内容にするための機器(コロトコフ脈波計・体組成器)など機能性にこだわって選定して設置し、活用をしています。当薬局がお客様にとって役立つ存在であり続けるために、今後も健康情報提供の質、接客、設備面ともに研鑽を続けてまいります。

2019年3月13日

副鼻腔炎の後鼻漏(こうびろう)の体質改善

 この数か月増えているのが、副鼻腔炎の後鼻漏(こうびろう)のお客様からの健康相談です。

 風邪や花粉症をきっかけに、後鼻漏になり、のどへうすい鼻水が絶え間なくたくさん流れ落ちたり、のどに薄い痰がからんだりして不快感をおこします。元の状態に回復するのに、放っておくと時間がかかります。痰がのどに絡むと、咳が止まらなくなることもあります。医院では、アレルギーの薬を処方されるのが一般的です。

しかし新薬を飲んでいても、スッキリと良くならず、それで飲むのをやめると、症状がひどくなるので、年中アレルギーの薬を続けて飲むケース、または、良くならないので薬を飲まずに我慢しているケースが多々見受けます。

 けやき堂の漢方カウンセリング(健康相談)ではお客様の生活背景を詳しく伺ったうえで、舌などから体調と体質のチェックをします。私(岡北)の経験から、これらの方に共通する背景に、体の水分代謝の低下、内臓の冷え、お菓子(砂糖の多く入った和洋菓子)の摂取過多があります。
お菓子の食べ過ぎが良くないことは、漢方医学専門の医療関係者の間では、昔から知られていることです。この理論をわかりやすくまとめた書籍(アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる 栄養解析医 溝口徹(著)、青春新書出版)もあります。栄養解析学の観点から、砂糖の摂り過ぎが良くないことが書かれています。興味のある方は読んでみてください。

 後鼻漏のお客様には、体を適度に温め、水分代謝をスムーズにする漢方の服用をご提案および、生活習慣の改善をするよう伝えています。
基本的には、①惰性で水分を摂らないで、のどが乾いたら少しずつ水分を補給すること、②お風呂はシャワーでなく湯船に浸かる、冷たい飲み物食べ物の摂取は避ける、③運動、④症状が改善するまでお菓子を食べないことです。
漢方では、軽い症状ならヒューゲン錠(生薬配合)、症状の長引いている方には、お体に合わせた漢方薬を中心にお出ししています。松寿仙またはメーテミルの併用をするとなお良いです。

 漢方薬と生活習慣の改善を同時に行うと、長年症状が続く方でも数か月~半年程度で効果を体感されることが多いです。
ご希望の方は、漢方カウンセリング(健康相談)にお越しください(スペースの都合上、電話で事前予約下さい。空きがあれば、当日予約もお受けしています。お手数をおかけします)。

2019年2月12日

冬場の冷えを解消する、根本対策

 冬場の冷えは、お客様対応の経験から、足元から冷えてくることが多いので、下半身を冷やさないようにすることが大切です。足が冷えて困る場合は、まずズボン下や、レッグウォーマーの着用、靴下の2枚重ね履きをお勧めします。それでも、冷えが解消しない場合は、靴下の上からミニカイロを貼ると、幾分か解消します。

また、運動不足を解消しましょう。それには、まず体の第二の心臓といわれる、ふくらはぎの筋肉を鍛えます。

ウォーキングと、つま先立ち運動が一番のお勧めです。ふくらはぎの鍛え方を詳しく知りたい方は、DVD付き書籍「歩き方で寿命が決まる(キラジェンヌ出版)宇多川久美子(著)」を参照されてください。著者自らが写真・DVDで出演して運動法を伝授しています。腰痛のある方や、立った姿勢で運動のできない方へは、椅子に腰をかけて簡単に実践できる方法を紹介しています。

体の冷えにお勧めする漢方は、「婦人宝(ふじんほう)」、「エッキ錠」、「霊鹿参(れいろくさん)」などあります。体の内側から温めます。けやき堂薬局では、体質別にこれらの漢方薬を使い分けたり、粉薬(エキス剤)や煎じ薬を使います。

 じっくりと漢方カウンセリング(健康相談)を希望される方は、気軽にご相談ください(恐れ入りますが、電話で事前予約ください)。

2019年1月12日

11月に、共同で健康講演会を行いました

 11/8(木)に、大阪府内の漢方薬店・薬局と共同で健康講演会(大阪むらさきクラブの集い)を行いました。今年で32年目を迎える、伝統のある講演会です。
遠方にも関わらず、たくさんの方が参加されました。お越しになられた方、重ねてお礼を申し上げます。

講師の食品加工ジャーナリスト 中戸川貢先生はユーモアを交えてお話しされました。私自身(岡北)、聞いて、なるほどと気づかされることの多い内容でした。

私からは、松寿仙や、ササカールや紫華栄の自然薬解説をさせていただきました。

 講演会を企画するにあたり、演者や、演題は毎年変わります。例年一貫して私たちが心がけているのは、講演会に参加されたお客様が、話の内容を家庭に持ち帰り、翌日から健康生活に生かすことのできる内容にするということです。

今年は、夏から仕事の終わった夜や週末に集まり、自然薬研究会(漢方研究会)の薬店薬局の有志と一緒に内容の案を練り、打ち合わせに時間をかけてきました。時代とともにお客様への講演会の在り方や意義が変わってきているので、講演会プログラムの内容や流れ、お土産も毎年少しずつ変えてきています。司会や、受付、会場案内などの運営を薬店薬局の手作りで行っています。

 例年、継続でお越しのお客様には、講演会のご案内をしています。今年、参加の叶わなかった方は、次回ご都合がつくようなら、ぜひお越しくださいね。

2018年12月7日